2005年09月15日

妖怪大戦争

神木隆之介×水木・荒俣・京極・宮部の怪軍団×奇才・三池って…!!!

実はこの映画もリバイバルです。
60年代に空前の妖怪ブームを巻き起こした“妖怪シリーズ”の第2弾として、68年に公開されたものをを大胆にリメイク。その仕掛け人が雑誌「怪」の御四方、水木しげる、荒俣宏、京極夏彦、宮部みゆき。そして監督は哀川翔のやくざシリーズやゼブラーマン、多重人格探偵サイコなど、異色作の多い三池監督であります。
そして何より主演があの神木隆之介。
隆之介扮する弱虫の少年タダシは、世界の平和を守る「麒麟送子」に選ばれたことから、人類滅亡を企む悪霊軍団に日本古来の妖怪たちとともに立ち向かっていく。
ゲゲゲの鬼太郎みたい。
それから今回の目玉のもうひとつは妖怪を演じる豪華出演陣。近藤正臣、竹中直人、忌野清志郎、阿部サダヲ、岡村隆史ら個性派キャストが扮し、菅原文太、豊川悦司ら演技派俳優が脇を固めている。

あの昔ながらの角川映画復活って感じの豪華さだけに、こけてほしくないっすねえ。
NANAに負けるな!妖怪大戦争!!

ところで、大塚英志が西島大介と一緒に裏で「妖怪小戦争」なるクレーンアニメを作ってます。一応宣伝まで。

main02.jpg

原題:妖怪大戦争
監 督:三池崇史
製 作:「妖怪大戦争」製作委員会
製作総指揮:角川歴彦
プロデュースチーム「怪」:水木しげる・荒俣宏・京極夏彦・宮部みゆき
製作プロダクション:角川映画
出 演:神木隆之介、宮迫博之、近藤正臣、阿部サダヲ、栗山千明、菅原文太、豊川悦司
日本公開:2005年8月(松竹)

公式サイト:http://yokai-movie.com/
posted by Kadwaky悠 at 21:13| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥さまは魔女

ニコールはまってます…超かわいい

海外ドラマとして日本でも有名な「奥様は魔女」。
おとぼけサマンサの失敗をダーリンが温かく包み込むアットホームなコメディ。
それをニコール・キッドマンでやっちゃうというからどうなんだろうと思いきや、
ニコールはまってますね。とってもプリティーです。

これまでトムの嫁さんだった頃も含め、ニコールは結構淫乱そうな女性像が強かった。
セクシャルな部分だけが強調され、あのかわいらしいニコールはどこえやら。
でも、奥様は魔女で堂々の復活です。
このニコールを観たいがために映画館に足を運ぶ殿方も多いはず。

監督は、「めぐり逢えたら」「ユー・ガット・メール」の女性監督ノーラ・エフロンなので、ラブストーリーには定評があります。
で、ストーリーはというと、実は普通にサマンサ、ダーリンのラブコメではなく、劇中劇でストーリーが組まれています。
約35年前に故エリザベス・モンゴメリーのサマンサで人気を博したTVドラマ「奥さまは魔女」のリバイバル版を作ることに。魔女のサマンサ役に大抜擢された、新人女優のイザベル(ニコール・キッドマン)は実は本当に魔女だった、というストーリー。
そして、ダーリン役のジャック(ウィル・フェレル)と恋に落ちてしまう。魔女ということは隠したままで。
なんだかサマンサとダーリンが結ばれる前のプレストーリーって感じですよね。
ここは監督の持ち味でメグ・ライアンとトム・ハンクスを2度にわたり切なく料理しちゃいましたから、今回もいい感じに料理してくれるんじゃないでしょうか。

とにかくかわいいニコールが早く見たいっす。
ニコールの鼻ピコピコはめちゃめちゃかわい〜い

あと個人的には、サマンサの母親役のシャーリー・マクレーンをちょい期待したいっす。

wall04.jpg

原題:BEWITCHED (邦題:奥様は魔女)
監督・脚本・製作:ノーラン・エフロン
製作:ダグラス・ウィック、ルーシー・フィッシャー、ペニー・マーシャル
製作総指揮:ジェームズ・W・スコッチドープル、スティーブン・H・バーマン、ボビー・コーエン
脚本:デリア・エフロン
音楽:ジョージ・フェントン
出演:ニコール・キッドマン、ウィル・フェレル、シャーリー・マクレーン
日本公開:2005年8月(ソニー・ピクチャーズ)

公式サイト:http://www.sonypictures.jp/movies/bewitched/site/
posted by Kadwaky悠 at 20:26| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。