2006年03月18日

ヒストリー・オブ・バイオレンス

クローネンバーグってあんま観てないんだね・・・

デヴィッド・クローネンバーグの作品との出会いは、実に唐突ではあるが素敵な出会いだった。
天神・親不孝にひっそりとあるシネテリエ天神で上映されていた「裸のランチ」を観た。
ちょうど上映最終日ということでか、満席状態だったのだが、なんとか座れた。
なぜこの映画を観ようと思ったのか、よく覚えていない。
「ザ・フライ」さえ観たことのない自分がクローネンバーグを知る由もなく、
ただ当時ウィリアム・バロウズを含めこの手のサイケな作家にすごく興味を持ってたのは事実だ。しかし、オープニングで目にした事実に自分がここにいる必然を感じた。

「字幕翻訳 中沢新一」

まさに細野晴臣から、代ゼミの現国講師の菅野先生から、と立て続けに繋がった中沢新一がまたしてもこんなところで繋がってしまった・・・
ぼくの中で、予期せぬ興奮がこの作品の中にすり込まれてしまったのだ。
作品もロボコップで知られるピーター・ウェラーの怪演とクローネンバーグらしいクリーチャーの活躍で、ぼく的には申し分のない作品に仕上がっていた。

そんなクローネンバーグだが、その後観た作品は「イグジステンズ」だけ。ジュード・ロウ主演でVRゲームが主設定とあってまあいいかなあと。ただ全体的に娯楽作品としてはよくできてるんだけど、まとまりすぎてて「裸のランチ」のような難解さはなかった。

そして、他の作品は、というとすべて観れないのです。
危険な暴走運転で交通事故を起こすことにより性的興奮を得ようとする「クラッシュ」(今回のオスカー作品賞とは違うよ、念のため)をはじめ、ホラーやスプラッターぽいのが多いんでダメなんだよなあ。
唯一「スパイダー」は観てみたい気がしますが・・・

そんな中で、おそらく観ることのない今回の作品「ヒストリー・オブ・バイオレンス」
平穏な暮らしが一変し暴力に変わっていく。すごく痛そうな作品です。
今回のお話は、ヴィゴ・モーテンセン演じる主人公が平和な暮らしをしていたんだけど、経営しているダイナーに強盗が現れ、それを主人公が倒してしまい一躍有名人に。しかし、彼には強盗を一撃で倒してしまえるほどの過去を持っていて、この事件をきっかけに彼の過去が暴かれていく、ていうか暴力的になっていくんだろうなあ・・・

観てみたい気もするが、たぶん観ないんだろうなあ。
ということで、誰か観た人レビューしてください。

hov.jpg

原題:A HISTORY OF VIOLENCE(邦題:ヒストリー・オブ・バイオレンス)
監督・製作:デヴィッド・クローネンバーグ
原作:ジョン・ワグナー、ヴィンス・ロック
脚本:ジョシュ・オルソン
音楽:ハワード・ショア
出演: ヴィゴ・モーテンセン、マリア・ベロ、エド・ハリス、ウィリアム・ハート
日本公開:2006年3月(ムービーアイ)

公式サイト:http://www.hov.jp/
posted by Kadwaky悠 at 19:00| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

☆ヒストリー・オブ・バイオレンス☆
Excerpt: ヴィゴ・モーテンセン&マリア・ベロ来日決定! 2月22日来日、24日ジャパンプレミア開催☆ 映画『ヒストリー・オブ・バイオレンス』2006年3月11日公開!! 全米・カンヌ映画祭..
Weblog: no-title
Tracked: 2006-03-18 20:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。