2005年09月08日

チャーリーとチョコレート工場

バートン×デップがまたやっちゃったらしいです・・・

いわずと知れた奇才のティム・バートン監督が仲良しのジョニー・デップを起用して、世界的に有名な童話に挑戦。
カリビアンでかなり奇抜なキャラクターを演じて話題となったデップですから、さらに過激にコミカルな作品に仕上がっているはずです。
予告編を見る限りでも、シザーハンズのあのマンガのような団地を彷彿とさせるポップな色使いと、わけのわからん仕掛けがてんこ盛りでかなり期待できそうです。

たくさんのリスが機械のように胡桃を割っていくシーンは、40匹の調教した本物のリスを使ったというあたり、アナログなバートンの技に見ごたえありそうですなあ。

前作のビッグ・フィッシュでも壮大なファンタジーをのほほんとやってくれましたし、今回も大丈夫だと思います。それに今回はデップがついてますからねえ。

しかしながら、バートンは奇才であって天才じゃない。エンターテイナーではありません。エド・ウッドのような好きなやつしかわからないものも作りますからねえ。でも、ビートルジュースにしろ、バットマンにしろ、彼なりの独自性でエンターテイメントになってるからすごいんだけど・・・

でも猿の惑星には正直がっかりでした。やっぱあれはシャフナー監督のオリジナル版のできのよさが仇となったんだと思います。リ・イマジネーションでも超えられなかったです。

チャーリー.gif

原題:CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY
(邦題:チャーリーとチョコレート工場)
監督:ティム・バートン
脚本:ジョン・オーガスト
音楽:ダニー・エルフマン
出演:ジョニー・デップ、フレディー・ハイモア、クリストファー・リー
日本公開:2005年9月(ワーナー・ブラザース)

公式サイト:http://charlie-chocolate.warnerbros.jp/
posted by Kadwaky悠 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6701199

この記事へのトラックバック

ネットアイドルの性態
Excerpt: あの人気ネットアイドル「ま○18歳」がついに脱いだ!元カレがま○の全てを暴露。またハメ撮り動画も公開!
Weblog: 別冊ネットアイドル
Tracked: 2005-09-09 16:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。