2005年09月25日

ALWAYS 三丁目の夕日

日本のVFX界は山崎貴がなんとかしてくれる

映画館でチラシを見て、映画の内容と監督とがぜんぜん結びつかなかった。
原作の「三丁目の夕日」といえば、西岸良平がビックコミックオリジナルで連載している、古き良き日本を舞台としたほのぼのとしたアットホームなマンガである。

そんなマンガを原作とする映画に、「ジュブナイル」や「リターナー」といったVFXバリバリの映画を手掛ける山崎貴がなぜに…と、だれもが疑問符を頭に抱えただろう。

しかし、予告編の映像で現れる建設中の東京タワーという意外な代物を目にしたとき、怪獣映画ゴジラの出現にも似た驚きを感じた。

山崎貴はこの映画で昭和33年の完成を間近に控えた東京タワーの袂の、東京の下町を完全再現してしまおうとしたのである。そして、それはおそらく成功したと思う。

今回の出演陣もかなり良い配役となっている。
特に、少年少女の顔がかなりよい。昭和30年代という時代を背景描写だけでなく人間たちもきちんと描ききっていると思う。もたいまさこもいいすね。吉岡も変な作りこみしてるけど案外いいと思う、彼だけに。堤真一も薬師丸ひろ子もきちんと脇を固めてます。

まあ予告編だけなので、なんとも言えませんが、でも予告編だけで感動しちゃいました(それも音声なしで)。それってある意味すごくない?
日本のVFXって、怪獣や妖怪やヒーローもあるけど、こういう静的な使い方がいいかも。「ピンポン」の曽利文彦監督もそんなとこありますしね。
というわけで、映画館できちんと観たい映画です。

always3.jpg

原題:ALWAYS 三丁目の夕日
監督・脚本・VFX:山崎貴
エグゼクティブプロデューサー:阿部秀司 、奥田誠治
原作:西岸良平
脚本:古沢良太
出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、三浦友和、もたいまさこ、薬師丸ひろ子
公開:2005年11月(東宝)

公式サイト:http://www.always3.jp/
posted by Kadwaky悠 at 22:55| ロサンゼルス ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。TBさせていただきました。
どうかよろしくお願い致します。
いろんな切り口で映画を見ていらっしゃっていて
ブログを拝見させて頂いて、とても勉強になり
ました。ありがとうございます(^▽^)!
Posted by ラササヤン at 2005年12月29日 00:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 美しい夕日も美しい日本の心もそれは変わらない いつまでも、いついつまでも。ファ
Weblog: ハッピーサンフラワー
Tracked: 2005-12-29 00:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。