2005年09月16日

親切なクムジャさん

大長今から復讐女に豹変したイ・ヨンエが見たい

この映画は、パク・チャヌク監督の復讐シリーズ三部作のラストを飾る作品ということだ。
パク・チャヌク監督と言えば実は「JSA」しか観たことないんだけど、あの韓国映画の火付けともなった「シュリ」の後、まんをじして公開された「JSA」は、「シュリ」が南北対立から派生するハードアクションサスペンスであったのに対して、対照的なヒューマンミステリーと言った感じだった。
韓国兵士を演じるイ・ビョンホンと北朝鮮兵士を演じるソン・ガンホの禁じられた友情から派生する悲劇の事件を巡るミステリーだが、コメディかとも思うくらいコミカルな作りをしており、「シュリ」とは明らかに違う種類の映画となっていた。

その「JSA」を作った監督である。期待しても当然であろう。

ところで、復讐三部作というのは、ソン・ガンホ主演の「復讐者に憐れみを」、日本の漫画を原作とするチェ・ミンシク主演の「オールド・ボーイ」そして今回の「親切なクムジャさん」で完結となるらしい。

これら3作はストーリーが繋がっているわけではないが、復讐というテーマを異なる設定で映像化している。1作目の「復讐者に憐れみを」は、姉を助けようと思った弟に度重なる不幸が襲い、その結果誘拐という卑劣な犯罪に端を発して2つの復讐が産まれてしまう。2作目の「オールド・ボーイ」は、15年間理由も分からず何者かに監禁された男が監禁を解かれた後、監禁した何者かに復讐するため謎解きの戦いが始まる。

そして3作目の「親切なクムジャさん」は、無実の罪で13年間刑務所で服役しながら誰よりも誠実で模範的な受刑生活を送った、刑務所で親切だったクムジャが、出所後これまで自分が緻密に準備してきた復讐計画を繰り広げようとする。
自分を罪人に仕立てた男への復讐。
刑務所生活で彼女が親切にしてあげた仲間は、親切にしてくれたお礼に様々な方法でクムジャの復讐を手助けする。

こう見ていくと、オールド・ボーイの設定にも似ているが、タランティーノ監督の「キル・ビル」も女の復讐劇と言う意味では似てるかなあ。

といっても、キル・ビルは観たけど、復讐三部作の他の2作もまだ観てないから思い切り想像になっちゃうけど、きっと切ないハードボイルドなんだろうなあ。

でも、今回の見所はなによりもイ・ヨンエである。
現在NHKのBS2で放送されている「宮廷女官チャングムの誓い」でチャングム役をやっていることから、日本でもチェ・ジウを超える人気が出そうな感じ。なんせ韓国では「最も影響力のある映画女優」部門で、猟奇的な〜のチョン・ジヒョンを抑え堂々の1位になっているし、チャングムは最高視聴率57%も取ってる怪物番組ですからねえ。

年齢が35歳ということですが、これからの活躍という意味でも、チャングムのキャラクターを払拭するような今回のクムジャさんにはすごく期待したいです。

geumja160.jpg

原題:SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE(邦題:親切なクムジャさん)
監督・脚本:パク・チャヌク
出演:イ・ヨンエ、チェ・ミンシク
日本公開:2005年11月

公式サイト:http://www.kumuja-san.jp/
【関連する記事】
posted by Kadwaky悠 at 17:58| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕の彼女を紹介します

猟奇的な彼女を見たら見たくなる

「猟奇的な彼女」で一躍時の人となったクァク・ジェヨン監督と女優チョン・ジヒョン。甘く切ない純愛をコミカル描いた猟奇的な〜は、監督の思う壺のようにラストで爽やかに感動を与えてくれた秀作である。ドリームワークスがリメイク権を獲得したくなるぐらい脚本の冥利に尽きます。

そのコンビの彼女シリーズ第2弾は、前回の彼女を彷彿とさせる正義感溢れる熱血美人婦警と心優しい高校教師とが繰り広げる、奇跡の恋をユーモラスかつファンタジックに描く、およよ、また前回同様なんか思いもよらぬ展開が待っているのだろうか。期待しちゃいますねえ。

ストーリーは、婦警が高校教師をひったくりと間違え誤認逮捕。その後、生徒の非行防止のため相談に訪れた交番で再びその婦警と出会ってしまう。そんでまた彼女を巡るはちゃめちゃな冒険が始まるのです。そして2人は恋に落ちて、でもなんか切ないオチがあって・・・てな感じすか。

きっと観客を満足させてくれるストーリーがっていうかオチが待ってるんだろうな、と期待したいと思います。

main.2.jpg

原題:WINDSTRUCK (邦題:僕の彼女を紹介します)
監督・脚本:クァク・ジェヨン
製作:ビル・コン、チャン・フンタク、チョ・スヨン
原案:チョン・フンタク
出演:チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク
日本公開:2004年12月(ワーナー・ブラザース)

公式サイト:http://bokukano.warnerbros.jp/
posted by Kadwaky悠 at 16:55| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ターミナル

スピルバーグ×トム・ハンクスの奇想天外な恋愛劇?!

スティーヴン・スピルバーグとトム・ハンクスも結構仲良しですね。スピルバーグはトムという名前の男性と縁があるのでしょうか。というわけで、「プライベート・ライアン」でノルマンディ上陸作戦を描き、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」で実話を元にした泥棒と刑事の追っかけっこ(ルパンと銭形)を描き、三たび顔を合わせたヒューマン・ドラマである。

でも、今回のストーリー設定を見てゼメキスの「キャスト・アウェイ」の方を思い出してしまいました。

突然祖国がクーデターにより消滅してしまい、祖国にも帰れず空港からアメリカに入国もできず、空港内に閉じ込められ生活する羽目になった男が、空港で働く周囲の人々と交流を深めていく。ところで、この主人公はアメリカにある約束を果たすために来たらしく、そこについては一応予告では何も語られていないので、おそらくこれが今回のオチなんでしょう。

それでこの映画、一応”恋愛映画”のカテゴリーに入れられているんですが、「オールウェイズ」で失態を見せたスピルバーグがこりもせず恋愛映画に挑戦か、となんだか嫌な予感が脳裏をよぎる。

「オールウェイズ」は、かわいいデミ・ムーアが印象的の「ゴースト」とほぼ同じ設定で(といっても実はこのオールウェイズ、日本未公開の「A GUY NAMED JOE」という1943年の映画のリメイクです)、「未知との遭遇」のリチャード・ドレファスが、死んでしまった消防士の役を演じている。死んだ後に奥さんが青年と恋におちる、ウーピー・ゴールドバーグではなくオードリー・ヘップバーンが天使役で出演し、生きている奥さんの幸せのためにこの死んだ消防士が愛のキューピットになるってな話でしたっけ。
とにかく甘ったるくスピルバーグらしからぬ、マスカキ少年の純愛って感じでつまらんかった。

ということで、話はそれたが、「ターミナル」が「オールウェイズ」にならないことだけを祈って、トム・ハンクスに乾杯。

DWBF-10005.jpg

原題:THE TERMINAL (邦題:ターミナル)
監督・製作:スティーヴン・スピルバーグ
製作:ローリー・マクドナルド、ウォルター・F・パークス
製作総指揮:ジェイソン・ホッフス、アンドリュー・ニコル、パトリシア・ウィッチャー
原案:アンドリュー・ニコル、サーシャ・ガヴァシ
脚本:サーシャ・ガヴァシ、ジェフ・ナサンソン
音楽:ジョン・ウィリアムズ
出演:トム・ハンクス、ビクター・ナボルスキー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
日本公開:2005年(UIP)

公式サイト:http://www.terminal-movie.jp/
posted by Kadwaky悠 at 15:08| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

妖怪大戦争

神木隆之介×水木・荒俣・京極・宮部の怪軍団×奇才・三池って…!!!

実はこの映画もリバイバルです。
60年代に空前の妖怪ブームを巻き起こした“妖怪シリーズ”の第2弾として、68年に公開されたものをを大胆にリメイク。その仕掛け人が雑誌「怪」の御四方、水木しげる、荒俣宏、京極夏彦、宮部みゆき。そして監督は哀川翔のやくざシリーズやゼブラーマン、多重人格探偵サイコなど、異色作の多い三池監督であります。
そして何より主演があの神木隆之介。
隆之介扮する弱虫の少年タダシは、世界の平和を守る「麒麟送子」に選ばれたことから、人類滅亡を企む悪霊軍団に日本古来の妖怪たちとともに立ち向かっていく。
ゲゲゲの鬼太郎みたい。
それから今回の目玉のもうひとつは妖怪を演じる豪華出演陣。近藤正臣、竹中直人、忌野清志郎、阿部サダヲ、岡村隆史ら個性派キャストが扮し、菅原文太、豊川悦司ら演技派俳優が脇を固めている。

あの昔ながらの角川映画復活って感じの豪華さだけに、こけてほしくないっすねえ。
NANAに負けるな!妖怪大戦争!!

ところで、大塚英志が西島大介と一緒に裏で「妖怪小戦争」なるクレーンアニメを作ってます。一応宣伝まで。

main02.jpg

原題:妖怪大戦争
監 督:三池崇史
製 作:「妖怪大戦争」製作委員会
製作総指揮:角川歴彦
プロデュースチーム「怪」:水木しげる・荒俣宏・京極夏彦・宮部みゆき
製作プロダクション:角川映画
出 演:神木隆之介、宮迫博之、近藤正臣、阿部サダヲ、栗山千明、菅原文太、豊川悦司
日本公開:2005年8月(松竹)

公式サイト:http://yokai-movie.com/
posted by Kadwaky悠 at 21:13| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥さまは魔女

ニコールはまってます…超かわいい

海外ドラマとして日本でも有名な「奥様は魔女」。
おとぼけサマンサの失敗をダーリンが温かく包み込むアットホームなコメディ。
それをニコール・キッドマンでやっちゃうというからどうなんだろうと思いきや、
ニコールはまってますね。とってもプリティーです。

これまでトムの嫁さんだった頃も含め、ニコールは結構淫乱そうな女性像が強かった。
セクシャルな部分だけが強調され、あのかわいらしいニコールはどこえやら。
でも、奥様は魔女で堂々の復活です。
このニコールを観たいがために映画館に足を運ぶ殿方も多いはず。

監督は、「めぐり逢えたら」「ユー・ガット・メール」の女性監督ノーラ・エフロンなので、ラブストーリーには定評があります。
で、ストーリーはというと、実は普通にサマンサ、ダーリンのラブコメではなく、劇中劇でストーリーが組まれています。
約35年前に故エリザベス・モンゴメリーのサマンサで人気を博したTVドラマ「奥さまは魔女」のリバイバル版を作ることに。魔女のサマンサ役に大抜擢された、新人女優のイザベル(ニコール・キッドマン)は実は本当に魔女だった、というストーリー。
そして、ダーリン役のジャック(ウィル・フェレル)と恋に落ちてしまう。魔女ということは隠したままで。
なんだかサマンサとダーリンが結ばれる前のプレストーリーって感じですよね。
ここは監督の持ち味でメグ・ライアンとトム・ハンクスを2度にわたり切なく料理しちゃいましたから、今回もいい感じに料理してくれるんじゃないでしょうか。

とにかくかわいいニコールが早く見たいっす。
ニコールの鼻ピコピコはめちゃめちゃかわい〜い

あと個人的には、サマンサの母親役のシャーリー・マクレーンをちょい期待したいっす。

wall04.jpg

原題:BEWITCHED (邦題:奥様は魔女)
監督・脚本・製作:ノーラン・エフロン
製作:ダグラス・ウィック、ルーシー・フィッシャー、ペニー・マーシャル
製作総指揮:ジェームズ・W・スコッチドープル、スティーブン・H・バーマン、ボビー・コーエン
脚本:デリア・エフロン
音楽:ジョージ・フェントン
出演:ニコール・キッドマン、ウィル・フェレル、シャーリー・マクレーン
日本公開:2005年8月(ソニー・ピクチャーズ)

公式サイト:http://www.sonypictures.jp/movies/bewitched/site/
posted by Kadwaky悠 at 20:26| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

ブラザーズ・グリム

奇才ギリアムがはなつ衝撃作品登場!!

モンティーパイソン唯一のアメリカ人で、奇才のテリー・ギリアムが「ラスベガスをやっつけろ」以来7年ぶりに放つ、意外にもエンターテイメントな作品。主演にマット・デイモンが出てて、時代背景やファンタジー物という路線も、もろロードオブザリングあたりを意識してますよね。
正直なところ、来年に公開を控えている「タイドランド」の方がなんだか期待しちゃうんですが・・・
まあ、でもギリアムはきっとやってくれるでしょう。
「ラスベガスをやっつけろ」でジョニー・デップをはげ頭にする程度にはね。

ところで、その次回作のタイドランドなんですが、原作をちょっと見たけどえらいグロいストーリー。どこかのブログで『きもいポネット』というような表現をされてたような気がしますが、近からず遠からずです。11歳の少女が自分の周りで起こる不幸な現実を受け入れられず、バービー人形の首をお供に現実逃避し、ファンタジーに紛れ込んでしまうお話。なんともギリアムらしく、ラスベガス〜を彷彿とさせそう。もしかしたら、未来世紀ブラジルやバンデットQにまで逆行しそうな勢いです。
なんたってバンデットQはラストで親を殺して終わりますからねえ。

ということで、期待のギリアム2作品は見物です。

bgrim.jpg

原題:THE BROTHERS GRIMM(邦題:ブラザーズ・グリム)
監督:テリー・ギリアム
製作総指揮:ジョン・D・スコフィールド
脚本:アーレン・クルーガー
音楽:ダリオ・マリアネッリ
出演:マット・デイモン 、ヒース・レジャー 、ジョナサン・プライス、モニカ・ベルッチ
日本公開:2005年 秋

公式サイト:http://www.b-grimm.com/
posted by Kadwaky悠 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォーガットン

シックスセンス以来ってマジっすか?!

予告編だけ観ましたが、なんだかおもしろそうと思ったのはぼくだけじゃないでしょう。
『マネートレイン』のジョセフ・ルーベン監督によるシックスセンス以来のまったく新しいスリラーということですが、ミステリーサスペンスのようにも見えます。主演はジュリアン・ムーア。
主人公のテリーは事故で息子を亡くしている、ことになっているけど、それが実は彼女の妄想だということにされてしまう。そんなバカな、と思うけど、周囲の人間も取り巻く環境もすべてなかったことになっている。

ん〜ん、とてもナイスなシチュエーションですね。

で、結局それがすべて彼女を欺くための大芝居であり、彼女の息子は大きな陰謀によっていなかったことにされてしまっているのである。
それで、その陰謀はというと、だいたいにおいて宇宙人誘拐とかになるんだろうけど、どうもそれらしいんだなあ。
とりあえず、それ知っちゃうとつまらないんで、だろうなあ、ってところで情報を遮断してます。
とりあえず、観てからのお楽しみってことで・・・

フォーガットン.gif

原題:THE FORGOTTEN (邦題:フォーガットン)
監督:ジョセフ・ルーベン
製作:ブルース・コーエン、ダン・ジンクス、ジョー・ロス
製作総指揮:トッド・ガーナー、スティーヴ・ニコライデス
脚本:ジェラルド・ディペゴ
音楽:ジェームズ・ホーナー
出演:ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト、ゲイリー・シニーズ
日本公開:2005年6月(UIP)

公式サイト:http://www.forgotten.jp/
posted by Kadwaky悠 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャーリーとチョコレート工場

バートン×デップがまたやっちゃったらしいです・・・

いわずと知れた奇才のティム・バートン監督が仲良しのジョニー・デップを起用して、世界的に有名な童話に挑戦。
カリビアンでかなり奇抜なキャラクターを演じて話題となったデップですから、さらに過激にコミカルな作品に仕上がっているはずです。
予告編を見る限りでも、シザーハンズのあのマンガのような団地を彷彿とさせるポップな色使いと、わけのわからん仕掛けがてんこ盛りでかなり期待できそうです。

たくさんのリスが機械のように胡桃を割っていくシーンは、40匹の調教した本物のリスを使ったというあたり、アナログなバートンの技に見ごたえありそうですなあ。

前作のビッグ・フィッシュでも壮大なファンタジーをのほほんとやってくれましたし、今回も大丈夫だと思います。それに今回はデップがついてますからねえ。

しかしながら、バートンは奇才であって天才じゃない。エンターテイナーではありません。エド・ウッドのような好きなやつしかわからないものも作りますからねえ。でも、ビートルジュースにしろ、バットマンにしろ、彼なりの独自性でエンターテイメントになってるからすごいんだけど・・・

でも猿の惑星には正直がっかりでした。やっぱあれはシャフナー監督のオリジナル版のできのよさが仇となったんだと思います。リ・イマジネーションでも超えられなかったです。

チャーリー.gif

原題:CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY
(邦題:チャーリーとチョコレート工場)
監督:ティム・バートン
脚本:ジョン・オーガスト
音楽:ダニー・エルフマン
出演:ジョニー・デップ、フレディー・ハイモア、クリストファー・リー
日本公開:2005年9月(ワーナー・ブラザース)

公式サイト:http://charlie-chocolate.warnerbros.jp/
posted by Kadwaky悠 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイランド

マイケル・ベイ渾身の近未来SFは…痛い

とってもとってもやっちゃった感がある作品です。
多分スター・ウォーズや宇宙戦争が公開されてなかったら劇場に足を運んだでしょう。
だって、マイケル・ベイ監督作品で、主演がユアン・マクレガーで、監督にしては意外な近未来を舞台にした作品。ディックなんかをモチーフにしたクローン人間のお話ですが、ストーリー的にはいい感じですよね。アルマゲドンでも、あのありえない笑えるような設定をああも感動巨編にしたてあげたお人ですよ。

しかしながら、完全に失敗作の汚名をすでにかけられてます。

マイケル・ベイはアルマゲドンまではよかったんだけど、
第2次世界大戦を描いたパールハーバーはダメでした。
バッドボーイズ2バッドもウィル・スミスに助けられた感が拭えない。
ちょっと勢い落ちたかなあ。
だから今回ジェリー・ブラッカイマーが外れたのだろうか。

と、いろいろ想像しちゃいますが、まだ見てないのでこれ以上は言うまい。

ph4_ph4_island-movie_01.jpg

原題:THE ISLAND (邦題:アイランド)
監督・製作:マイケル・ベイ
製作:イアン・ブライス、ローリー・マクドナルド、ウォルター・F・パークス
原案・脚本:カスピアン・トレッドウェル=オーウェン
脚本:アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー
音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー
出演:ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン
日本公開:2005年7月(ワーナー・ブラザース)

公式サイト:http://island.warnerbros.jp/
posted by Kadwaky悠 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴィレッジ

4作目の今度こそ期待したいのです

シャマラン監督の「シックスセンス」にはおったまげた。
完全に意表をつかれ最後の最後で心臓がバクバクしたのを思い出す。
あの感動というか衝撃というのはそうそう味わえるものではない。
だから、シャマラン監督の映画はその感動とも衝撃とも言える驚きを求めている。

しかしながら、その次の「アンブレイカブル」はそんな感動はなく、
意外なオチ(といってもだいたい中盤でわかっちゃうけど)に嫌な思いをし、
だからと言って主人公がスーパーヒーローとなるわけでもない。
なんとも解せない終わりだった。

そして「サイン」はさらにそれを膨らます。
謎という伏線を張り巡らしているように見えて、
意外に単純なオチにまたも解せない思いをするのだ。

そんな思いの中で、またも同じような謎物の映画「ヴィレッジ」である。

シックスセンスではゴースト。
アンブレイカブルではヒーロー。
サインでは宇宙人。

それで、今回のビレッジの謎はなんなのか。
まあ、ここで謎解きするつもりは毛頭ないが、
あのシックスセンスの驚きの復活を待望したい。
ただそれだけなんです、シャマラン監督に求めるのは。
でもそれが一番難しいんだけどね。

PCBP-51425.jpg

原題:THE VILLAGE (邦題:ヴィレッジ)
監督・製作・脚本:M・ナイト・シャマラン
製作:サム・マーサー、スコット・ルーディン
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:ブライス・ダラス・ハワード、ホアキン・フェニックス、ウィリアム・ハート、シガーニー・ウィーヴァー
日本公開:2004年9月(ブエナビスタ)
posted by Kadwaky悠 at 16:18| Comment(1) | TrackBack(2) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。